春の新色

キャラメルボックスのゴールデンスランバーの神戸公演が無事終了したようですね。安堵しました。東京公演が楽しみです!!エンディングテーマ曲「稜線上のランウェイ」は迸る命、駆け抜けたその先に見えるもの、人生とは、命とは、そんなテーマで描いた曲です。ぜひ劇場で聴いて下さい。

昨日はタワーレコード町田店にて春から続けてきたまちだガールズクワイアのマンスリーイベントの最終回がありました。初回はまばらだったお客さんも昨日にはとてつもなく増えており、タワーレコードのスタッフさんとこの成果を喜びました。有難うございました。

12/25のまほろ座 MACHIDAのライブで発売する彼女達の新曲のラフミックスを流したところお客さんから最高だとの声を沢山頂きまして、僕も自信満点のポップソングが出来ました。春に向けて展開していくシングルですので昭和の時代に春になると必ず全ての化粧品メーカーが展開していた口紅の新色のCM、あの感じをイメージして作った傑作(自称)です。ぜひCD聴いて下さいね。

 

以下、11月末に発行したメルマガより。

皆さんこんにちは。怒涛の11月が終わろうとしています。まずは先週と先々週にお邪魔しました 前橋・ダイニングBEN、宇都宮・コーヒールンバ、大阪・Peggie Sue、静岡リビングルーム各ライブでの盛況に御礼申し上げます。本当に各地多くのお客様にお越し頂き、沢山の笑いに包まれたライブに多幸感満点となりました。

前橋のBENさんでは初めてのお食事付きライブ、美味しい中華ダイニングに皆さん舌鼓を打たれておりました。宇都宮コーヒールンバさんではいつも通り暖かい雰囲気でライブが進み終演後の餃子打ち上げも最高でした。
大阪と静岡はsowan songに誘ってもらってのジョイントツアーとなりましたが、彼の魅力を再確認出来、とても実りの多い旅でした。有難うございました。

そんな週末のライブに挟まれながら今月は怒涛の制作月間でした。11/30から神戸で幕開けするキャラメルボックスのGolden slumberのエンディングテーマ「稜線上のランウェイ」の作曲からレコーディング、12/23の新代田FEVERから発売するライブDVDの全曲ミックスダウン、12/25から発売するまちだガールズクワイアの新曲「はるかぜリップ」の作曲からレコーディング、更には宮川鉄平君のフルアルバムのレコーディングと、普通なら3~4ヶ月かけて行うであろう内容が全て今月に押し寄せて来まして、ほんと死にそうでした。よく生きてたなー。

全然関係ありませんが先日リリースされたペヤングの新製品わかめMAX、あれは酷いですね。あり得ません。
http://ishidashokichi.com/photos/noo/IMG_4238.jpg

さて12/23の新代田FEVERのThe Great Thanks To Youですが、Plastic Girl In Closetに橋口靖正君という最高にポップな二組を招聘することに成功しまして、究極にポップな一夜になること間違い無しというところに、更に。石田ショーキチグループにヒデキングこと黒沢秀樹君がゲスト参加してくれることになりました。彼らのバンドL⇔Rは今年デビュー25周年ということで過去のライブDVDが発売になるわけですが、石田バンドもヒデキングのバックを務めL⇔Rの曲をヒデキングが歌うという、援護射撃を行う所存であります。ぜひ見に来て下さいませ。

恒例の12/30の町田ノイズの年忘れライブもめでたくソールドアウトとなりまして有難うございます。一月にはやはり恒例のカルカル新年会が決まっております。渋谷に移転したカルカル、楽しみですね。

さて、それでは皆さん、忙しい師走に向かって、頑張って参りましょう。