2015年6月2日

プロデュース作品のリリース

夏のツアーがあちこち決まってきています。各地にお邪魔しますので皆様いらしてくださいね。

さて、今回のヌードルダイアリーは麺のことは語らずプロデュース作品のリリースのご案内で、最早お馴染みとなりました凄い名前のシューゲーザーバンド・死んだ僕の彼女のフルアルバム「hades (the nine stages of change at the deceased remains)」が6/3発売となります。

https://youtu.be/RpNGIABt2-4

彼らとの付き合いは知らないうちにもう四作目になります。彼らのことで私が最も評価していることはその音楽への向き合い方にあります。全員社会人できちんと職を持ち、週末をバンドに没頭させるというウィークエンドミュージシャンで、これを最も美しい音楽家のあり方の一つだと考えている私にはある種尊敬する存在でもあり、常に進化の為の努力を惜しまない姿勢も素晴らしく、音楽に命を賭けているなどと口でいうだけで勉強も努力もしないダメなフリーターミュージシャンが多い中、本当に見習うべきバンドと言えます。

満を待しての彼らのフルアルバムはソングライティングの新境地がいくつも垣間見えポップさに磨きがかかった傑作となりました。やはり長い時間をかけて教えてきたことを着実に身につけてくれたお陰で表現力も大きく前進し作品性を強く前に進めることに成功しました。ぜひこの作品を多くの人に聞いて頂きたいと思います。ディスクユニオンへ急げ。

では、また。

2015年5月18日

8年ぶりのセカンドアルバム リリースツアー佳境

新しいWebページに移行して初めてのブログ投稿です。Facebookが便利なのでついついそっちに書きがちですが、今後は大事なことはこっちにしっかりと残して行こうと思います。

さて、8年ぶりのセカンドアルバム「Life is mine, Life is fine」を引っさげてのリリースツアー、Life is mine spring tourの一つのピークである新代田FEVERのライブが昨日無事に終わりました。前日の江ノ島虎丸座も同様だったのですが、連日大入りで持参したニューアルバムも品切れを起こす売れ行きで本当にありがとうございました。

リハーサル風景。五人目のメンバーは小さなギタープレイヤー。
リハーサル風景。五人目のメンバーは小さなギタープレイヤー。

 

町田から物販の応援に駆けつけてくれたアイドルガールたちのお陰も大きかったでしょう。本当にありがとう。(今僕たちの町では残念な事に嘘と憎悪が人と街を傷つけているとても悲しい状況にありますが、そんなさ中彼女達に人の前で歌を歌うとはどういうことなのか、誰のために何をする仕事なのか、それを身を以て見せてあげなければいけないと思って舞台に上がりました。何か感じてもらえたら幸いです。)

終演後のサイン会も終わって町田のガール達と記念撮影。本当にありがとう。
終演後のサイン会も終わって町田のガール達と記念撮影。本当にありがとう。

一昨日の江ノ島虎丸座と昨日の新代田FEVERではここ数年来で最高の出来のバンドサウンドが形成されたと感じましたがいかがでしたでしょうか。元来ソロシンガーというのは常に孤独な存在ですが、現在のバンド「石田ショーキチグループ」のメンバーとはもう6〜7年は共に歩んできているでしょうか、満を待してのセカンドアルバムは彼らと一緒にレコーディングしたこともあり、とても一体感のあるサウンドを作れる関係になれたとメンバーの皆さんにはとても感謝しています。演奏の技術的なところも大事ですが彼らの優れているところは一曲僅か4-5分のロックンロールのドラマの中で「今ここでこのスイッチを押すのだ」という感情を押し出すポイントとタイミングの嗅覚が非常に優れており、しかもそれを僕とビタッとシンクロさせてくれるところにあります。

例えば、僕らのライブの演奏では曲中でテンポが平気で早くなったり遅くなったりします。ポピュラーミュージックのミュージシャンというのは何故か知りませんが一定のテンポを守るということをはんを押したように徹底しようとする人ばかりなのですが僕はそれが大嫌いで、ジャズでもクラシックでも場面ごとに適したテンポに推移していくのは当たり前なのだから曲中の感情に任せて走る時は走る、もたる時はもたるというタイムコントロールも演奏における重要な感情表現と考え、これを同じ気持ちで演奏してくれる我がメンバーをとても誇りに思っています。

ミュージシャンて難しいもので、演奏技術が優れていても人間性に問題があるとか、基本的にはいい人なんだけどツアーになると移動手段や宿泊先にうるさい注文をつける人とか、食べるもののことにやたらうるさい人とか、まあ色々あります。でも我がメンバーは本当に皆我儘なことは何一つ言わず、僕や敏腕マネージャーコマツデラックスの考える運営がスムーズに進むよう身を呈して貢献してくれる素晴らしい人格者です。

今僕らのサウンドに一体感があるのは単なる技術云々の話ではなく、こうやってチームとして家族のように作り上げて来た人間力のシンクロの上に成り立っているということがお分かり頂けるでしょうか。このメンバーとの演奏旅行も、残すところ土曜日の沼津と日曜日の名古屋のみとなりました。天王山たる新代田FEVERが終わりとてもリラックスしている今、残り二公演は存分に楽しんで行きたいと思います。今回のツアーをまだ体験されていない皆さん、ぜひ会場にいらして僕達とシンクロしてください。遠方の方も僕達と同様、旅してこられてはいかがでしょう。きっと忘れられない音楽体験になるはずです。

http://ishidashokichi.com/Limtour.html

では。

 

 

2015年5月1日

New album「Life is mine, Life is fine」

ソロ名義としては8年ぶりのオリジナルアルバム「Life is mine, Life is fine」がいよいよ発売決定です!

劇場用や他アーティストに提供した楽曲のセルフカヴァー、ライブでもおなじみになりつつある名曲、そしてもちろんお待ちかねの新曲も!!聴き終わった瞬間の清涼感がバツグンの全10曲。石田ショーキチが皆さんへ贈る人生讃歌です。
ライブ会場から先行発売です。
いち早く手に入れたい方は「Life is mine Spring TOUR」へ!!!
【収録曲】
1. 蒼天航路
2. Life is fine ~ソングライターの孤独
3. 夏の手紙
4. ICE NINE ~猫のゆりかご
5. 厚木の空
6. Finding sunset
7. 支える手
8. アルティールの翼
9. 水色
10. Life is mine

5月8日発売/全10曲入り/3000円+税/SAT-009

2015年3月18日

Door To Spring 2015

恒例となった春ツアー。
各地の地元ミュージシャンとの共演あり、たまーに打上げも有り!
また、待望の「My Oldest Numbers vol.3」のリリースも?!?!
春のぶらり旅に是非一緒にご参加下さい!

2015年3月18日

My Oldest Numbers Vol.3

MyOldestNumbersVol3無事納品されました20日の京都から発売開始ですこれ聞くと平均2kgのダイエット効果があるってもっぱらの評判ですいやしらんけど

http://ishidashokichi.com/DTS15.html